真夏のウォーク&ラン&ネットワーク

毎日暑い日がつづきますね~。


相変わらず、走っているのですが・・・


最近は夕方5時を回っても、暑さが緩むことがないので走る時間も必然的に遅くなります。


ちょうど陽が落ちる夕方6時30分ごろから走り始めると、走り終わるのは8時過ぎてしまい、さすがにあたりは真っ暗闇になるので、スマホのライトで照らしながら走ってます。。。



最近、多いのはネットワークがらみのご相談です。


先日、生徒さんから自宅兼事務所を新築したので宅内にLANを構築してほしいとの依頼をいただきました。


生徒さんのご自宅は1Fが事務所で2Fが住まいとなっており光回線を導入されております。


1F、2Fともに無線LAN環境にして、ノートパソコン、スマホをストレスなくインターネットに接続できるようにしたいとのご要望でした。


また、1F事務所のパソコンも5台ほど所有されており、大きなデータをやり取りするお仕事なので、無線ではなく、有線にして宅内にSOHOネットワーク環境を構築することになりました。


ルーターやスイッチングハブなどのネットワーク機器を選定して、当日も無事にトラブルなく構築させていただきました。

(久々に16ポートのスイッチングハブを見ました。。)

有線環境にすると機器の台数に合わせて必然的にケーブルの数も増えますので、どのポートにどの機器のLANケーブルをさしたのかわかりやすくマーキングする必要があります。


そうしないと、トラブルが発生した場合にどのLANケーブルが問題なのかを1本1本確認しなおさなければならず、復旧までに時間がかかってしまいます。


一番良いのはポート番号表を作成することです。

1番ポート → パソコン1号機

2番ポート → パソコン2号機

3番ポート→ レーザープリンター など。


昔は、今回のようなSOHOネットワーク環境の構築ばかりやっていた時期がありました。おかげで技術書で習ったTCP/IPなどの知識も実務を通して覚えることができ、今ではそれがとても役に立っています。


実務経験だけでは、広い視野を持って柔軟に対応できないし、机上の学習で得た知識だけでも、求められる機器の操作性や判断がかけ現場では役に立たないことが多いです。そうなんです!両方が必要なんですね~。





わくわくITサポート インスタント

習いたい事だけに焦点を当てたレッスンが可能です!   1回だけのレッスンでも承ります!