新入社員のためのパソコンスキル2

今回は前回に引き続き、新入社員が初めてパソコン業務を行う際に、知っていて損はないテクニックを紹介していきます。普段、無意識に使っていることでも周りからすると「そんな簡単にできるんだ!」とよくいわれる事がありました。作業を少しでも効率よく行うために意識次第で操作もだいぶ変わってくるものです。


重要なポイントとして今回は以下をお勧めします。

”ショートカットを覚えて、マウスを使用する頻度を下げましょう。”


使用OS : Windows 10 Home


1.ファイルの保存  【Ctrl】キー + S  を癖づける。

以前の職場で同僚が、ほぼ1日かけて作成した資料を保存せずにファイルを閉じてしまい、また同じ時間をかけて1から作り直すことをしていました。そんなことにならないようにファイルは定期的に保存する癖をつけましょう。


また、資料が完成するまでに何回かファイルを別名でバックアップ(コピー)を取りましょう。


例:作業報告書.xlsx   →    作業報告書_rev1.0.xlsxなど


理由は、作業していて突然Windowsが固まって作業していたファイルが破損することもたまにあります。そんな時最初から作成し直していては貴重な時間を無駄にしてしまいます。



2.新しいフォルダーの作成   【Ctrl】キー + 【Shift】キー + N

作成したい場所でマウスの右クリック→新規作成→フォルダーでも作成可能ですが
ショートカットキーで行うとより速くなります。



3.デスクトップの画面操作をしたい  【Windows】キー + D

複数の開いたファイルを一斉に最小化してデスクトップ画面だけを見たいときに便利です。



4.エクスプローラーの表示をしたい  【Windows】キー + E

Windowsの中枢部分からツリー状にファイル、フォルダーを確認したい場合はエクスプローラを起動して探索する事がよくあります。



5.Windowsタスクバーの検索ボックスの活用

よく使うアプリは以下のように簡単に起動する方法を覚えておくとデスクトップにショートカットを配置することも少なくなるので、効果的です。


 ● 電卓を起動

    【Windows】キー + ”calc”  と入力してエンター


〇エクセルの起動

【Windows】キー + ”excel”と入力してエンター

  ※Excelがインストールされていること

ワードの起動

【Windows】キー + ”winword” と入力してエンター 

※Wordがインストールされていること

検索ボックスを活用してさまざまなアプリを起動する方法は、その他にもたくさんありますので、もし興味のある方はググってみてください。

わくわくITサポート インスタント

習いたい事だけに焦点を当てたレッスンが可能です!   1回だけのレッスンでも承ります!