新入社員のためのパソコンスキル

今回は、もうすぐ4月ということもあり入社が決まって新しく会社に配属される新入社員のために、よく使うパソコンスキルをまとめてみました。


どのような職種であれ、パソコン操作は常について回るもの。得意、不得意にかかわらず知っているか知らないかで仕事のスピードが大きく変わるものです。インターネットが広く普及した昨今、"ググ"ればほとんどのテクニックを知ることができますが、やはりパソコンを良く使う業務であれば、その都度検索して調べていては、それはそれで時間がかかってしまいます。


パソコン操作も自転車に乗る行為や食事の時に箸を無意識に扱えるのと同じように、繰り返し何度も練習をしていると自然と身についてくるものです。そこで速く上達するうえで重要なのは"どのように操作したら効率よくなるのか"を常に考え試行錯誤することです。


さらに、合わせて以下5つの事を身につけていけるよう意識していきましょう。

① タッチタイピングの習得 → よどみなく文章入力ができる

② ショートカットキーの活用 → 無駄な手順を省略することができ時間短縮

③ プログラミングを身につける → 論理的思考力をつけることができる

④ 最新の技術動向を把握 → その技術が使えないかを検討する

⑤ すべてのことを楽しむ → 楽しければ続けることができます


①のタッチタイピン(ブラインドタッチ)の習得については以前もブログ"タッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につけるとパソコンに触るのが楽しくなる"で紹介しました。


今回は私がパソコンを覚え始めたころによく使っていたパソコンのショートカットキーを一部ご紹介します。


● Windowsだと王道 のショートカットキー

1.対象の箇所を選択して【Ctrl】キー + C (コピー)

2. コピー先を選択して【Ctrl】キー +  V (貼り付け)

3.間違えたら【Ctrl】キー +  Z (もとに戻す)

4.取り消しまたはキャンセル 【ESC】キー

5.全選択は【Ctrl】キー +  A

6.複数のウィンドウを立ち上げていた場合、切り替えるのには【Alt】キー+【TAB】キー


今回は、ごく一部のご紹介ですがWindows系のOSであればほぼ、ショートカットキーの設定は同じですので、是非覚えて活用してみてください。



話題は変わりますが、四万十に来て初めての春を向かえます。四万十川沿いにある四万十川桜づつみ公園の桜は見事ですね。

わくわくITサポート インスタント

習いたい事だけに焦点を当てたレッスンが可能です!   1回だけのレッスンでも承ります!